L O A D I N G

Information

トピックス

紹介予定派遣とは、その疑問にお答えいたします!

紹介予定派遣とは、「直接雇用(正社員や契約社員)」されるために仕事の見極め期間を派遣社員として過ごす、という仕組みの働き方です。
新たな職種に挑戦する事への不安、どんな人が働いているのか、どんな社風の会社なのか、自分のスキルで本当に通用するのか……等々、労働者側の悩みを解消できる可能性があります。

 

そういった意味で、正社員や契約社員を目指す方々から注目を集めており、評判の良い仕組みと言えます。

 
 

◆ 紹介予定派遣の目的

紹介予定派遣は、将来的に「派遣会社を通さずに」就業することを目指し

  1. 雇用主側・労働者側ともに、契約期間(最長6か月)の中で職場の雰囲気や業務スキル、人柄などを体感する事
  2. 新たな労働者を雇う雇用主側と、新たな職場で働く労働者側のミスマッチによる心的ダメージを低減する事
  3. 派遣会社のエージェントが間に入る事で、入社してすぐの悩みや不安などを相談するための労働者側の窓口となり、正社員への転換に向けて伴走する事

この3点を主な目的とします。

 

◆ 紹介予定派遣の仕組

  1. エージェント(派遣会社)を通じて、希望する求人へ応募
  2. エージェントにて、これまでの就業経験などをヒアリングするための面談
  3. 求人元企業にて採用面接の実施(エージェントが同席する事もあります)
  4. 内定が出たら、派遣会社の有期社員として雇用契約を締結
  5. 求人元企業で、サン・プランナーの派遣社員として就業を開始
  6. 就業期間(最長で6か月)中に社内の雰囲気や業務内容、自身とのマッチング度を確認し、求人元企業との定期面談を実施して今後の進め方を調整していく
  7. 求人元企業・就業者本人両者がともに直接雇用を希望する場合には、雇用の切換えタイミングを調整し、雇用主を派遣会社から求人元企業へ切換えれば、晴れて直接雇用となります

 
※派遣期間は最大で6ヶ月までとなっており、それ以上の延長は出来ません。
※6ヶ月以内であれば、同意があった段階で直接雇用への転換が可能です。

 
 

◆ 派遣と紹介予定派遣の違い

就業前の書類選考や面接が可能
通常の派遣は派遣先となる求人元企業による書類選考は禁止されていますが、紹介予定派遣では認められており、事前の選考が設定されている事が多いです。
 
派遣期間の最大が6ヶ月とされている
通常の派遣は基本的には3年間という派遣期間の上限が設定されていますが、紹介予定派遣の場合は派遣の期間は最大6ヶ月までと定められており、直接雇用へ登用されることが前提の仕組みとなっています。
 
契約途中での雇用切換え
双方の合意があった場合には、派遣社員としての雇用期間の途中であっても直接雇用への切換えが可能です。

 
 

◆ 紹介予定派遣のメリット

【メリット1】職場の環境や雰囲気など、求人元企業を実際に体感する事が出来る
見て聞いた事と体感してみた事でギャップを感じる事は多々あります。
こういった体験しないと実感できない部分を、実際に働く事で体感し、自身に合った職場なのかを判断できます。
 
【メリット2】企業を知った上で正社員になれる
「入社したものの、すぐに退職してしまった…」というのは転職あるあるで、新たな職場を探す時には心理的に大きな負担になります。
紹介予定派遣では、一定の期間を派遣社員として働いた後なので、本当にその企業が自分に合った職場なのかを判断した上で直接雇用を目指すか判断できます。
 
【メリット3】肌に合わない職場だった場合、次の職場をエージェント(派遣会社)と探す事が出来る
派遣期間中に「あまり肌に合わない職場だな…」と感じた際、エージェント(派遣会社)に別の就業先の紹介を依頼することが可能です。
転職活動の悩みの中で「1人で次の仕事を探すのが大変」「誰に相談して良いか分からない」などの声をよく聞きます。
紹介予定派遣の場合は、エージェント(派遣会社)と「本当に合うお仕事は」「こういった場合はどうしたら良いか」などと相談しながら、二人三脚でより良い雇用に向けて歩んでいくことが出来ます。
 
【メリット4】派遣期間中、皆様のお声を求人元に届ける支援が出来る事
新たな職場では職場の困りごとを誰に相談して良いか分からず、抱えこんでしまう方が多いです。
そんな中、紹介予定派遣ではエージェント(派遣会社)が皆様の悩みや不安、課題点などを解決するために、仲介役として企業との間に入る事が可能です。

 
 

◆ 紹介予定派遣で働く際に注意しなくてはいけない点

【注意点1】直接雇用後の雇用形態を事前に確認する
求人内容によっては、直接雇用後の雇用形態が契約社員となっている場合があります。
応募する前に、エージェント(派遣会社)へ必ず確認をしましょう。
 
【注意点2】直接雇用に至らない可能性がある
実際に働いて職場の雰囲気や業務内容に良さを感じ「直接雇用を希望!」と言っても、求人元企業が不採用と判断をされた場合には有期契約期間満了日をもって、契約終了となる可能性があります。
あくまで最長6か月の期間の間に、直接雇用になる可能性がある雇用形態が紹介予定派遣となります。

 
 

正社員や契約社員、パートやアルバイト、派遣など様々な働き方のある中で、多くの方法を知っておく事が本当に自分に合う職場と出会うための近道です。
私たちサン・プランナーでは「パートナーファースト」という合言葉のもと、求職者様一人一人に寄り添った対応が出来るように日々努力を重ねております。
ご相談のお電話やメールなどお待ちしております。

Let’s ENTRY !!

まずはスタッフ登録

あなたにマッチしたお仕事情報をご紹介いたします。
スタッフ登録は無料です!
メールフォームまたはお電話からお申し込みください。